【名言!】アナベルガトーとガンダム試作2号機(サイサリス)!!

今回は前回すぐに盗られるガンダムで紹介した、ガンダム試作2号機(サイサリス)とアナベルガトー小佐の名言を紹介!

圧倒的火力を持ったガンダム試作2号機が作成された経緯や前回は紹介しきれなかった、何故ガンダム2号機が奪取されてしまったのかを調査しました。

ガンダム初心者のためにわかりやすく紹介しています!

アナベルガトー少佐の名言は、本当に痺れます!

初めに、今回のアナベルガトー少佐は、作品『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の敵側所属のキャラクターになります。

地球連邦軍VSデラーズ・フリートの構図

アナベルガトーはデラーズフリート側の人間になります。

スポンサーリンク

アナベルガトー少佐の紹介〜0083まで

Aくん
Aくん
『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』出演時

名前: アナベル:ガトー
階級: 少佐(過去は大尉)
年齢: 25歳
登場機体: RX-78GP02Aガンダム試作2号機
専用色: 青色

機動戦士ガンダムでは登場はしなかったものの、ジオン王国では圧倒的な活躍をした、歴戦のエースパイロットです。

過去:初代ガンダム作品(1年戦争)での活躍

1年戦争では、ドズル・ザビが指揮する宇宙攻撃軍第302哨戒中隊長として、ソロモンを中心とした宙域で行動していました。

ソロモン撤退戦では、ア・バオア・クーに撤退します。

この際、アナベルガトーはしんがりを務めます。

この、撤退戦で交戦した、連邦軍追撃艦隊に対して甚大な被害をもたらしたのがアナベルガトーです。

この時の功績により、連邦軍からは【ソロモンの悪夢】と異名を付けられることになります。

その際の戦闘シーンがこちら

後に制作された動画なので、アムロレイとの戦闘も映されています。

一難戦争の最終戦となる、ア・バオア・クー防衛戦ではアナベルガトー専用ゲルググで参戦します。

この戦闘で、アナベルガトーの機体は損傷し、後のデラーズフリートとなる、エギーユ・デラーズの乗艦、グワデンに修理のために着艦します。

しかし、エギーユ・デラーズは撤退を決定していたため、アナベルガトーは修理を受けることが出来ませんでした。

しかし、アナベルガトーは、グワデンに搭載されていた、リックドムに乗り換えて再度出撃しようと試みます。

(周りからは静止されますが、アナベルガトーは生き恥より死を選ぼうとします)

この時に、エギーユ・デラーズは

『ならん!今は耐えるのだ。生きてこそえることの出来る、真の栄光をこの手に掴むその時まで、貴公の命、儂が預かる!』

この言葉で、アナベルガトーは思いとどまり、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』につながります。

この一年戦争の功績により、大尉→少佐に昇進します。

スポンサーリンク

アナベルガトー機動戦士ガンダム0083の活躍

Aくん
Aくん
ガンダム試作2号機の奪取の詳細

宇宙世紀0083年10月13日に、遂にアナベルガトーは動き出します。

コードネーム『バルフィッシュ』で地球連邦軍トリントン基地に潜入します。

そして以下の動画のように奪取します。(※少し画像が悪いです)

めちゃくちゃ堂々と登場します。

そして、敬礼されています。

アナベルガトー:
『素晴らしい、見事なモビルスーツだ』

コウウラキ:
『自分もそう思います』

アナベルガトー:
『君。バズーカに弾頭の準備はすんでいるかね?』

コウウラキ:
『は、はい』

アナベルガトー:
『では、試してみるか』

アナベルガトー:
『この機体と核弾頭はいただいていく、ジオン再興のために』

ここが、前回ご紹介した、すぐ盗られるガンダムで紹介したシーンになります。

この後、デラーズ・フリートが地球連邦軍に対して宣戦布告します。

アナベルガトーはガンダム試作2号機とともに宇宙に向かいます。

そして、今回の1番の事件となるコンペイトウ(ソロモン)で地球連邦軍が行う観艦式の襲撃へと向かいます。

この宙域に向かうアナベルガトーは、連邦軍の艦隊をスイスイすり抜けていきます。

注意、6分30秒以降はネタバレになるので観たことのないひとは観ない方がいいです

そして、3:10にアナベルガトーの名言!

『ソロモンよ!私はかえっ

ていきたぁーーー!!!』

これは本当に名言です。

ガンダムファンなら、絶対に一度はいったことのあるセリフと思います。

そして、その後の動画のようにコウウラキが乗る試作1号機との戦闘になります。

この戦闘でほぼ相打ちの流れになりますが、優位的な立場にいたのは、アナベルガトーであり、あえてコウウラキにとどめを刺すことなくその場を離れます。

ここのシーンなのですが、武人であるアナベルガトーは、まだ訓練兵でひよっこのコウウラキが、ここまで成長したことへの、敬意に対して【武士の情け】をかけたのでしょう。

今回は試作2号機との紹介と合わせているので、試作2号機が大破以降の説明は、今後予定している、ノイエ・ジールの紹介に合わせた時にします。

ポイント:実はコウ・ウラキは凄い!

Aくん
Aくん
コウウラキは、初めは、訓練を受けているだけのひよっこパイロットです。

そのひよっこが、【ソロモンの悪夢】と呼ばれるエースパイロットと互角に渡りあえるようになるのって凄いことだと思います。

事実、オールドタイプとしてはかなりの上位の人間とされ、成長速度の速さ、機体の性能への理解はかなりのものだったとされています。

スポンサーリンク

アナベルガトー少佐の名言とキャラクターデザインについて

Aくん
Aくん
アナベルガトーの名言5選を紹介

アナベルガトーの名言1

『ウラキ少尉。私を敵に回すには君はまだ、未熟』

作中(第二話)コウウラキのガンダム試作1号機を圧倒した後に、アナベルガトーがコウウラキに対して、放ったセリフ
アナベルガトーの名言2『もう貴様などに話す舌を持たん!戦う意味さえ介せぬ男に!』

作中(第二話)朝霧の中での戦い中でコウウラキの『なぜ2号機を盗んだ!に対してのアナベルガトーのセリフ
アナベルガトーの名言3『再びジオンの理想を掲げるために、星の屑成就のために、ソロモンよ!私は帰ってきた!』

(第九話)ソロモンで行われている連邦軍の観艦式にガンダム試作2号機で強襲した時アナベルガトーのセリフ
アナベルガトーの名言4しかし、怨恨のみで戦いを支える者に私を倒せぬ。私は義によって立っているからな。

(第十話)コウウラキとの一騎打ちの中でのアナベルガトーのセリフ
アナベルガトーの名言5腐った連邦に属さねば貴様も苦しむ事はなかったろうに。

(第十三話)コロニーから出てきたコウウラキを待ち受けていたアナベルガトーのセリフ

やはり、ベスト1は

『再びジオンの理想を掲げるために、星の屑成就のために、ソロモンよ!私は帰ってきた!』

個人的に名言2位は

腐った連邦に属さねば貴様も苦しむ事はなかったろうに。

このセリフは、コウウラキを評価しているからこそのセリフなので、アナベルガトーの人間性が出ていて好きですね。

恐らくこれをみている方は、アナベルガトーが好きな方と思うので意見もらえたら嬉しいですね。


【中古】[FIG]GGG(ガンダム・ガイズ・ジェネレーション) アナベル・ガトー 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY 1/8 完成品 フィギュア メガハウス(20191227)

アナベルガトーのキャラクターのデザイン

この作品の今西隆志監督は、髪型は侍をモチーフにしており『ガトーは戦国武将の上杉謙信』と言われています。

人物像として

ガトーはきっと寺育ちなんですよ。分家騒動とかで寺に預けられて、立派な僧に育てられた、長尾景虎のように、箱庭が好きで、お城の模型をいつも作って遊んでいたから、戦略的に優れた

と話されていました。

スポンサーリンク

ガンダム試作2号機の性能

ガンダム試作2号機の型式番号はRX-78GP02です

ジョン・コーウェン中将が主導で行った『ガンダム開発計画』によって開発された重攻撃強襲型試作MS、開発コードネームはサイサリス。

開発コードネーム:サイサリス

開発元:アナハイム・エレクトロニクス

特徴:『最強の攻撃力を持つMS』がコンセプト

南極条約で禁止されている、戦略核を使用することを前提に開発されているガンダムです。

いかなる環境、状況でも敵や拠点を撃滅し制圧することがコンセプトとして、強襲用MSとして完成します。

装備されている、核武装は、『最強の攻撃力』というコンセプトを体現する為のものであるが、単体のMSとしての性能も高く、試作2号機の核武装以外の運用プランも考えられていた。

大型の機体の運動性能を確保するために、フレキシブル・スラスター・バインダーと呼ばれる大型のバインダーを肩に装備し、この装備により重MSでありながら、運動性能を確保している。

重力下(大気圏内)ではドムのようにホバー走行も可能にしている。

なぜ、作品上『南極条約』により核の使用が禁止されているのに、このMSが核攻撃を可能としているのか?

南極条約には、核弾頭の保持及び、それを運用することを目的とした兵器に対しては明文化されていないことが理由のようです。

コードネーム:サイサリスの意味

この作品のガンダムにはコードネームとして花の名前が使われています。

サイサリスは鬼灯(学名:Physalis)を『フィサリス』と読むべきものを、『サイサリス』と読んでしまったため、現在でも呼び名が『サイサリス』となっています。

スポンサーリンク

アナベルガトー少佐とガンダム試作2号機のまとめ

今回は前回で簡単に紹介した中でのMS、ガンダム試作2号機とそのパイロット、アナベルガトー少佐についての紹介でした。

やはり、アナベルガトーはかっこいいですよね、私はこの記事を描きながらずっと、機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYを見ていました。

このアニメはDVD4巻で完結するんですが、非常に内容が濃い作品になっています。

私は、少なくても5回は見直しています。

また、この作品の見所はガンダムにはお約束のニュータイプやコーディネーターのような、スーパーヒーローは出てこないんです。

なので、あくまで普通の人間の延長なので、そこが親近感を抱ける大きなポイントだと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!!

今回の作品の主人公の声優はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする