【死因は病気?】草笛光子の昔は綺麗だった?☆舞台女優☆

草笛光子について紹介いたします。

草笛光子といえば、歳を重ねても綺麗な方で有名ですよね。

今回は、そんな草笛光子のプロフィールから、病気や死因といったものをお伝えしていきます。

草笛光子の死因は病気だったのか?それともデマなのかを見ていこうと思います。

1 プロフィール

名前: 草笛 光子(くさぶえ みつこ)

栗田 光子(くりた みつこ)本名

誕生日: 1933年10月22日
血液型: B型
出身地: 神奈川県
職業: 女優
趣味:特技 トレーニング
身長 158cm
事務所 オスカープロモーション
SNS


スポンサーリンク

草笛光子の生い立ちと経歴

子供の頃から高校生までは、かなりの人見知りだったそうです。

一駅、電車に乗ることも嫌で、4キロの道のりも歩いて通学されるほどだったそうです。

また、草笛光子は、子供の頃は体が弱く、それを克服するためにバレエを小学校の頃から始めたそうです。

高校生まで人見知りだった、草笛光子の人生が変わる出来事が起こります。

それは、高校3年生の時に、【松竹歌劇団】に憧れていた友人に、自分の代わりに、入団試験を受けてほしいと言われたそうです。

【松竹歌劇団】について、草笛光子は、全く知らなかったそうです。

しかし、、、、

代わりに受けた入団試験【倍率60倍】に合格してしまったそうです。

予想外のきっかけから、女優になることになった、草笛光子ですが、

この時両親からは猛反対されます

それに反抗心が生まれたことで、劇団に入ることを決められます。

また、合格後、学校側の対応により、1ヶ月間の休学許可を得ることで、【松竹歌劇団】の養成所に行くこととなります。

ただ、成績が優秀であったのか、【松竹歌劇団】から、高校を卒業前に所属することを求められたそうです。(ご本人も快諾され高校を中退されます

在籍中に(松竹京都撮影所)から映画『純潔革命』でデビューを果されます。豊かな歌唱力を持ち味とされたそうです。

松竹歌劇団には1954まで所属され、その後は音楽バラエティなどで冠番組である「光子の窓」も持ち、持ち前の歌唱力でオープニングの曲を歌い、当時かなり注目され人気を集めたそうです。

以下は、Wikipediaを参照にしています。

1956年からの東宝専属を経て様々な分野で活動する。

特に1958年から放送のテレビ黎明期の音楽バラエティで自らの冠司会番組でもある『光子の窓』では、洋窓から顔をのぞかせてテーマ曲を歌うオープニングが注目を集め、人気を博した。

1960年に作曲家の芥川也寸志と結婚するも、2年で離婚した。

華やかな貴婦人からうらぶれた婦人まで多彩な役柄を演じ、『社長シリーズ』をはじめとする東宝喜劇に多数出演した。

市川崑の監督作品とも縁が深く、金田一耕助シリーズでは『犬神家の一族』(1976年)の犬神梅子役を筆頭にシリーズ全てに出演した(2006年公開のリメイク版にも出演)。

日本ミュージカル界のパイオニアでもあり、数々の大作に出演した。『私はシャーリー・ヴァレンタイン』などで芸術祭賞を3度受賞している。

1999年には紫綬褒章、2005年には旭日小綬章、2013年に第48回紀伊國屋演劇賞・個人賞、永年の舞台の功績に対して2014年に第39回菊田一夫演劇賞・特別賞、2020年に毎日芸術賞をそれぞれ受賞した。

テレビドラマでは石井ふく子プロデュース作品や橋田壽賀子脚本作品にたびたび起用された。

長らくフリーで活動してきたが、マネージメントを担当していた母親が亡くなったことなどから、2009年10月1日付けでオスカープロモーションと契約した。

愛犬家としても知られ、黒のラブラドール・レトリバー「まろ」とともにテレビ出演もしている。

用元:wikipedia:草笛光子 参照

スポンサーリンク

草笛光子の死因は?

これは、結論からお伝えしますと、草笛光子は、2021年8月12日現在もご存命です。

ただ、何故かGoogleの予測変換には出てきますよね。

とても、失礼な話なので、情報を探りました。

恐らく、女優の南田洋子の訃報に際しに、同い年のの草笛光子さんは以下のようにコメントされています。

私と同い年でいらっしゃるんです。本当に悲しいですね。

南田さんは、おだやかで、素敵な方でした。主婦として、妻としても、色々なことをきちんと収めてこられたのでしょう。

以前は、舞台やテレビでご一緒しました。ご自分で本を書きたくて、勉強をされていると仰っていたことが印象に残っております。

引用:草笛光子コメントより

そのことから、Googleの予測変換で出てくるようになったのだと思います。

なので、現在もご存命です、そしてまだ活動もされています。

芸歴、70年を超えられています。

そしてまだ元気にされています。

元気の秘訣が現役であることかもしれないですね。

スポンサーリンク

草笛光子の病気は?

こちらは過去に煩われていました。

1つ目は、過去に蝸牛(かぎゅう)型メニエルによる聴力低下のため、長期間の舞台出演は困難と診断されています。

そのことで、当時、出演予定であった仕事をキャンセルされています。

その時に代役で南風洋子さんが代役を務めています。

2つ目は、2013年(当時79歳の頃)、舞台「ロスト・イン・ヨンカーズ」にて手が挙がらないといった症状が出たのだそうです。

この原因は頚椎椎間板ヘルニアだったそうです。

症状は、首や肩、腕に痛みやしびれが出たり(神経根の障害)、箸が使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。
また、足のもつれ、歩行障害が出ることもあります(脊髄の障害)。

この時、医師からは、手術することを進められています。

しかし、、、

これに関して、草笛光子は、自力で治されています。

元々、草笛光子は、80代になってもトレーニングをされています。

ヘルニアを患った時も以下のように話されています。

「毎日ペットボトルに水を入れて30回上げ下げ。 治りたい、治りたいって、体が治りたがっているのがわかるから。」

これに関しては、本当に治ったと私は思います。

事実私も、若い頃、軽度の頚椎椎間板ヘルニアになっていましたが、現在治っています。

余談になるので、興味のない方は、飛ばしてください。ただ同じように苦しんでいる方がいれば是非とも読んでいただきたいです。

私が、首と方が痺れて腕が上がらなくなったのが、23歳の時でした。

たまたま、人づてで『糖尿病で歩けなくなっていた人を歩けるようにした先生がいる』

そう聞いたことで、その鍼灸整骨院にいきました。

出会った当初の先生には、

『その若さでここまで体が歪んでいる人は見たことがない』

『こんなに歪んでいたら寝ても疲れが取れないでしょ?』

自分では当時分かっていなかったのですが、確かにそうです。12年経った今の方が元気です。

23年間、歪んでいたものが1〜2年で治ると思わないこと

『信じて言われたことを守れるなら、治せる』

そう、おっしゃって下さったので藁をもすがる思いで信じました。

当時、【針、外科、カイロ、MRI】ありとあらゆることをしても原因がわかりませんでした。

治療方法は少し特殊な物でした。

機械で脳が覚えた体の歪みのリセットとストレッチだけでした。
(鍼灸なのに、針も灸もなし、、)

不思議なのが、それを受けたあと、歩きにくいんです。要は正しい体の使い方をするから、今までの筋肉と違うところを使うため、次の日筋肉痛でした。

また、ヘルニアに関して私の先生はこう言われていました。

『火災現場と火災報知器の違いだと』

ヘルニア部分=痛み
火災報知器=痛みの原因

なので、例え手術をしたとしても、根本的な原因の部分にアプローチをしていないから再発すると。

この時、ちんぷんかんぷんでしたが、今はよく理解出来ます。

もし、悩んでいる方がいて気になることがあれば、メッセージください。

スポンサーリンク

草笛光子さんのまとめ

  • 草笛光子は子供の頃、かなりの人見知りだった
  • 草笛光子の人生のターニングポイントは高校三年生
  • 草笛光子の『死因』は誤報
  • 草笛光子は自力でヘルニアを治した

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今後も皆様に役立つ情報を一つでも多く発信できるように頑張ります!

では、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする