【なぜ?】今/寺田恵子は独身なのか!?性格に問題?男嫌い?

今回は、圧倒的な存在感を放つ、女性バンドグループ『SHOWYA』のカリスマ性溢れるボーカリスト、寺田恵子の紹介!

現在もまだ結婚していない寺田恵子が独身を貫く理由は何なんでしょうか?

かっこよさと美しさを併せ持ち、現在2021年で58歳になる寺田ですが。

全く年齢を感じさせないですよね。

そんな寺田の【性格】やなぜ、一度【脱退】したのかについても調査しました。

最後に、私はある動画を見た時に、その存在感に惹きつけられて一気にファンになったのですが、その動画も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【圧倒的カリスマ性】寺田恵子の性格は!?

名前: 寺田 恵子(てらだ けいこ)
誕生日: 1963年7月27日
出身地: 千葉県
職業: シンガーソングライター
趣味:特技 酒、タバコ?
身長 153cm
事務所 マスターワークス
愛称 姐さん
Aくん
Aくん
圧倒的カリスマ性の持ち主:寺田恵子の性格

寺田恵子のイメージは

ライブでのパワフルなパフォーマンス、ハスキーな歌声、153cmには感じさせない圧倒的なオーラと挙げればキリがないほど『かっこいい』イメージですが、実際の性格はどうなのでしょうか?

彼氏は切らしたことがないほどのモテぶり!?

これは、自身の口から語られています。

2019年4月末に東京・日比谷野外大音楽堂で開催された、SHOW-YAが主催する女性歌手限定のロックフェス「NAONのYAON 2019」を取材を受けた時でした。

その時に話していたのが

寺田「デビュー当時は女バンドが世の中にいなかったので、人前でたばこを吸ってはいけないとか、彼氏を作ってはいけないとか、今のアイドルみたいに言われましたね」

記者「実際はどうだったのか?」

寺田「彼氏? だってあたし切らしたことない」

切り返しが

【ロック過ぎる】

このように、自身の過去も隠さず、当たり前に語れるようなさっぱりとした、男前な性格が伺えます。

酒豪でヘビースモーカー?

このように自身のTwitter上で【酒もタバコもやる!】

と公開されているように、ありのままの自分をさらけ出す男前っぷりです。

酒豪かヘビースモーカーかはわかりませんが、、、

それでも、GLAYのTERUさんは声のためにタバコを辞められたこともあるように

これからも、かっこいい歌声を聞かせるためにも喉は大切にして欲しいですね。

そもそも、愛称からも寺田の人柄が伺えます。

愛称が、姐さんと呼ばれている時点で、姉御肌であることが伺えます。

基本『姐さん』と呼ばれる人って男前な女性が多いですよね。

そのことからも、かっこいい女性であることが伺えます。

やはり、みんな『姐さん』とは呼ばずにはいられないほどの姉御っぷりのようです。

ただ、バンドを脱退していた時は、【実家で家事の手伝い】をしていたようで、家庭的な一面もあるようです。

他にも、世間では1年後輩に当たる『プリンセスプリンセス』の人気が出たときに『やっぱりかわいい方がウケるのか、、』

と落胆していた話もあるように、かわいいより、かっこいいものが好きなようですね。

このことからも

世間のイメージ=寺田恵子の性格

は一致すると思われます。

それにしても中身も外見もかっこいいですね。

スポンサーリンク

寺田恵子が未だに独身を貫く理由とは!?

Aくん
Aくん
寺田恵子は結婚したくない!?

実際のところ、寺田恵子は結婚はしたいそうです。

何で無理に独身を貫いているわけではないようです。

それでは、なぜ独身なのか??

寺田恵子独身理由:1

音楽が楽しすぎた。

2014年6月29日放送、日本テレビ系『有吉反省会』に出演された時に、自身の口から話されていました。

寺田恵子の独身理由:2

本人のタイプがニッチ過ぎる、、

寺田が好きなタイプが

『チビ;デブ;ハゲ;ヒゲ』

いや逆に難しい!!

せめて3つなら見つけることも出来そうですが、、、、

この4つを持ち合わせている男性っているようでいない!

うーーん

上記に当てはまる芸能人を探したのですが

中々いない

薄毛(坊主)・ヒゲ→渡辺謙、ブルースウィリス

薄毛(坊主)・デブ→小杉竜一

薄毛・低身長→岡村隆史

低身長・デブ?→出川哲郎

このように中々いない!!

まだ作りやすいのは

坊主にして太らせて、髭を生やした岡村隆史

坊主にして髭を生やした出川哲郎

のどちらかなら作成できそうですね。

残念ながらどちらも結婚していますが。

他の方は、低身長は作ることができないので無理でした。

寺田恵子の独身の理由;3

あとは、寺田恵子の性格じゃないでしょうか?

これだけ、綺麗でかっこよくて、性格も男前の女性にアタックできる男性は中々いないと思います。

以上のことが理由で寺田恵子は現在も独身のようです。

しかし、結婚願望はあることからも、世の男性にチャンスはあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

SHOYAの結成秘話と寺田恵子の衣装の始まり!

Aくん
Aくん
バンド名のSYOW-YAの由来がまさかの!?

女性ヘビーメタルバンドとしての地位を確立したSHOW-YAですが、命名の由来が

こちら

まさかの居酒屋の『庄や』からつけたらしいです。

元々は『メデューサ』というバンド名だったそうですが

当時の活動では、ことごとくコンテストの賞から落選していたことからバンド名が悪いと言う結論に至ったそうです。

その時にいた居酒屋が『庄や』でした。

そこからSHO YA→「Show Ya」(”Ya”はYou”の口語表現で「ショーをあなたに」「あなたに魅せる」)になるということで決定したそうです

その後、その経緯があったことで、再結成後の2014年には庄や目黒408店で寺田が一日女将を務めるというコラボ企画も行われました。

(行ってみたかった)

あのセクシーな衣装はどこから?

上述のように、SHOW-YAより1年後にデビューし、先にブレイクしたプリンセス プリンセスを見て「世間的にはかわいい方がいいんだな」と落胆した寺田ですが。

ある日、鏡で自分の下着姿を見た時に

「めちゃくちゃかっこいい」と思ったそうです。

その後、自らの下着風コスチュームを定番なりました。

あの衣装を着こなせるのは寺田以外いないでしょうね。

このように、バンド名を変えたり、衣装にこだわり今のSHOW -YAのイメージを作り上げていったんですね。

旧名の『メデューサ』というのも今のメンバーやバンドスタイルを見ても納得行きますね。

ただ、やはり名前は大切なんでしょうね。

『メデューサ』もかっこいいと思うのですが。

スポンサーリンク

そもそもなんで寺田恵子は脱退した??

Aくん
Aくん
何で寺田は一度脱退したの?

上述のように一度はメンバーを脱退していた寺田ですが、なぜ脱退していたのでしょうか?

その原因は、人気すぎるが故の過酷な生活だったようです。

当時のアイドルとは、真逆のスタイルを確立していたSHOW-YAですが、その活動はかなり過酷だったようです。

人気が出れば出るほど仕事が増えるのは当然ですが、そのため喉が潰れるほどの生活で喉のケアをする時間も取れないほどだったようです。

ギターやベース、ドラムもケアは必要ですよね、酷使すれば弦も切れたり支障が出るのは当然です。

ボーカルにとっては声が全てでそれが壊れることは想像を絶するより過酷なことだと思います。

ある時、心身ともに限界だった寺田は、ロサンゼルスのレコーディング中に事務所に電話をかけて一方的に脱退することを伝えたそうです。

相当つらかったんだと思います。

元々、寺田の声質は高くて綺麗な声だったそうです。

合唱部に進められるほどの美声だったのにも関わらず、カルメン・マキへの憧れから、枕を喉に当てながらシャウトしたりして声を潰して今の声を作り上げたと話されています。

実際、ハスキーボイスは作れるのかというと

西川貴教さんも成長期に声を潰してハスキーボイスを作り上げています。

寺田も荒天的に現在の声を作り上げていることから、過酷を極めるスケジュールに体がついていかなかったのかもしれませんね。

その後、SHOW-YAはボーカルを変えて活動は続けています。

ただ、他のパートと違い、ボーカルはバンドの顔とも呼べるポジションなのでイメージは変わってしまいますよね。

活動を休止していた、寺田ですが復帰するきっかけが訪れます。

それが、ある時友人とカラオケにいった時でした。

友人に勝手に持ち歌であった「限界LOVERS」を選曲されて、無理矢理歌わされたそうです。

ただ、歌った時に涙が溢れ、「やっぱり私は歌(SHOW-YA)が好きだ」と再認識したことからメンバーに連絡をとったそうです。

ただ、自身の勝手で辞めていることからメンバーは簡単には納得しませんでした。

「信用できないし、もう振り回されたくない」と、電話口で断られ続けたそうです。

しかし、それでも歌うことを諦めることのできなかった寺田は、5年の時間をかけてメンバーを説得したことで、再結成に至ります。

確かに勝手に辞めた寺田の行動にメンバーは納得しないのは当然だと思います。

しかし、ボーカルの過酷さは他のメンバーも理解出来なかったのではないでしょうか?

それでも、またこうしてメディアでSHOW -YAの活動を観れるのはファンにとっては嬉しい限りですよね。

スポンサーリンク

寺田恵子のまとめ

https://www.youtube.com/

おすすめ動画↑↑(めちゃくちゃかっこいいです)

挫折もありながら、復帰し現在も活動を続けるSHOW-YAの活動は今後も止まることはないでしょうね。

私が、SHOW-YAを知ったのは再結成後のX JAPANのコピー『紅』のPVでした。

初めて観た時に衝撃を受けたのは今でも覚えています。

今まで邦楽、洋楽を聞いてきた私ですが、『こんなかっこいい女性ボーカルバンドがあるんだ』

そう感じた時から、SHOW-YAの魅力にどハマりしました。

(年齢を見た時は更に衝撃を受けたのは言うまでもありませんが)

できれば生涯現役を貫いてほしいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする