【ハーフで天才】川瀬智子の若い頃が凄かった!【ブリグリ】

今回は川瀬智子さんについてお話していきます。

最近の方でご存知の方は少ないかもしれませんね。

2000年頃に個性的な女性アーティストで、きゃりーぱみゅぱみゅさんのような独自の世界観で世の人を圧倒させました。

実際に歌のスキルもあり本当に向かうところ敵なしの自分らしい道を切り拓いていく姿勢がかっこよくもありました。

こちらを読んでいただいて、川瀬智子さんの魅力を知っていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

川瀬智子はハーフ?

川瀬智子さんの風貌を見ると、ミニマムな可愛いお人形さんのような印象を受けます。

しかしプロフィールを読んでみると161センチとのことでした。

女性の平均身長は158センチで、川瀬智子さんは3センチほど高い結果となります。

女性の中では背が高い方かもしれませんね。

ミニマムに見える理由とすると、おそらく体重が関係していると思いました。

デビュー当時は40キロを切っていたというのです。信じられないですよね。

ほっそりとした体形に、顔立ちはあどけない色白な肌が印象的でした。

それが重なってあどけなさが背を低く見せていたのかもしれませんね。

デビュー後は7キロほど増えたと公言しているため、モデル体型レベルになられたと思います。

一昔前はアイドルブームで細いことが正義のような時期がありました。

男性のトリコになるアイドルを真似て、女性も細くなる傾向にありました。

最近も韓国ブームでスレンダーなスタイルを目指す人がいますが、昔ほど肉を落とすことに意識を向けることが少なくなったと思います。

筋肉に変えたり、程よく肉感が感じられたりする体型が健康体として、異性からも同性からも求められているようですね。

また一番気になっているところが、お顔立ちです。外国人のような雰囲気があるお顔立ちが特徴的で、ハーフじゃないかと噂が飛び交っているようです。

確かに髪色が明るいのでよりそう感じますよね。

また芸名がいくつかあり、ブリリアントグリーンやトミーフェブラリーというカタカナであることが、ハーフであるように受け取れるのも無理はないと思います。

今現在はご結婚されて奥田智子さんという名前で、漢字であることからも、純日本人であると信じてよろしいと思います。

よく髪の毛を金髪にしているアーティストさんやモデルさんがいらっしゃいますよね。

元から金髪なんじゃないかというほど髪色を維持することも大変意識が高く、なかなか自分の魅力を知らないとできない事ですよね。

客観的に見ることが出来るからこそ、沢山のファンがついて応援してくれると思います。

当時のキャラクターもとても印象的でした。

アメリカやイギリスの少女のようなあどけなく、眼鏡の似合う賢い雰囲気がありました。

実際の川瀬智子さんも頭が回る賢いタイプの方であると感じます。

2000年はモーニング娘。

さんが所属していたハロープロジェクトの勢いが凄かった時期に他のアーティストさんやアイドルの方にも被らない独自性は川瀬智子さんならではのセンスであると思います。

スポンサーリンク

川瀬智子が天才と言われるのはなぜ?

皆さんはシスターフッドという言葉が存在することをご存知でしょうか。

意味は女性同士の絆や信頼することです。

形にできるものではないため、女性同士の関係性を描いたアニメや漫画も多く存在します。

例えば2000年以降でいうとNANAの映画化で、女性同士の友情や恋愛模様の浮き沈みをお互いがフォローし合う様子が描かれています。

またアンパンマンのメロンパンナちゃんとお姉さんのロールパンナちゃんも2重でシスターフッドが描かれているように感じます。

1つは姉妹愛、そしてもう1つはロールパンナちゃんの善と悪の心です。

人には心があり、善にも悪にも移ろうことはあります。

しかし度を越えてしまうと境界性人格障害の1つ、2重人格のようになります。

どうしようかなとあっちこっちに気持ちが揺らぐことは自然なことです。

しかし抑え込まれてしまうと、心の逃げ道がなくなり本来の人格を失って、仮の自分を作って自分を安定させることがあります。

ライター自身の過去も軽度の2重人格で心と行動が伴わない場面もあり、本人も分からなくなっていました。川瀬智子さんはそれを表向きに出しているように感じました。

セルフシスターフッドの先駆者、その名もTommy/川瀬智子

こちらの情報を参照にしています。

スポンサーリンク

川瀬智子の若い頃

https://www.youtube.com/

川瀬智子さんは当時ブリリアントグリーンとしてデビューし、バンド体制で活動していきます。

2000年に入ってからはトミーフェブラリーという名前でソロ活動を指導します。

その2年後からはデビューしたバンド体制に戻り、また1年後はソロ活動へと交互に変えていきます。

推測にはなりますが、川瀬智子さんは掛け持ちでの働き方が向いているということです。

イベント活動やプロジェクトを作ったり、リーダーシップをとったりすることで自分を表現する幅を広げることができます。

また仕事の種類が豊富であると、楽しく努めることが出来るメリットもあります。

仕事の経験がある方は皆わかると思いますが、続けることがとても大変です。

同じことを続けていればいいわけではなく、一定を保つためには斜め上の視点で物事を捉えたり、大変なことにも着手したり場面があります。

沢山手に職をつけることは若いうちは覚えるまでにとても苦労をすると思います。しかし将来の自分のために今があると思えたら頑張れるでしょう。

スポンサーリンク

川瀬智子の現在

https://www.youtube.com/

最近の川瀬智子さんは音楽活動がそこまで盛んにおこなわれているというわけではなさそうでした。

ご主人様である奥田俊作さんはプロデューサーとして活躍されていることから、川瀬智子さんも同じく裏方での仕事に専念されている可能性があるようです。

インスタグラムの投稿を見ていると、かなりお若いように見受けられます。

昭和、平成にデビューやブレイクしたアーティストさんが復帰する方もいらっしゃるように、川瀬智子さんもまたテレビで見られることを楽しみにしたいです。

スポンサーリンク

川瀬智子のまとめ

https://www.youtube.com/

今回は川瀬智子さんについてお話していきました。

このように掘り下げてお話をしていてもどこかつかみどころのないような印象を書いていて感じてきました。

それは年齢を重ねても同年代の女性と見ていたら可愛いタイプの方であると思います。

またキャラクター設定が沢山あるところも夢見る乙女のような心をお持ちであると感じました。

成人になり社会に出てしまうと、世の中の価値観や社交辞令に右往左往することが多くなり、純粋さを失ってしまうことがあるでしょう。

しかし大人になっても変わらずにいる人もいらっしゃいますよね。

そのような人を友達に1人作っておくと、いざ社会に染まり過ぎて自分が潰れてしまいそうになった時にふと助けてくれる存在であると感じます。

前に進むことだけが人生ではない、自分らしくいることが大事であると教えてくれるような気がします。

心が弾むものを身近に感じられるように川瀬智子さんの曲を聞いてハッピーになれるといいと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする