【遅刻のしすぎで解雇騒動!?】関口メンディー気づけばアラサー!?

今回は、『GENERATIONS』のメンバー関口メンディーの紹介!

圧倒的な身体能力と並の日本人では見せれない迫力のあるパフォーマンスが持ち味の彼が過去に解雇になった騒動とは一体なんだったのか?

そして、2012年にGENERATIONSがデビューした関口メンディーも気づけばアラサーを迎えました。

肉体的にも精神的にも一番成熟した今、関口メンディーについて調査しました。

まずは、プロフィールから!

スポンサーリンク

関口メンディーのプロフィール

関口メンディーは1991年1月25日生まれ、みずがめ座のO型。

ナイジェリア人(父親)と日本人(母親)の血を受け継ぐハーフで、関口メンディーという名前は本名だそうです。

アメリカ・ニュージャージー州の出身ですが、1歳の時に東京都品川区に移り住んでからは日本人と同様の生活を送ってきました。

現在は2012年4月にメジャーデビューした、EXILEの弟分となる7人組ダンス・ボーカルユニット「GENERATIONS」のパフォーマーとして活躍しています。

音楽番組やライブで見るキレキレのダンスパフォーマンスから、長年に渡ってダンスの修練を積んできたイメージが強い方も多いことでしょう。

しかし実際は、幼少期から高校を卒業するまでは、野球をこよなく愛していたようです。

その後、野球推薦で大学へ入学する夢を果たせなかったことを理由に、その道から離れることになります。

日本体育大学に入学した彼は、ダンスサークルに所属します。そのことがきっかけとなり、彼の輝かしいダンス人生が始まるのです。

ダンスの練習に励む日々が続く中、異彩を放つ彼の存在を見ていた先輩が、EXILEのヒロをはじめとした豪華メンバーが運営するエンターテインメントスクール「EXPG」を紹介します。

そこで彼の才能はますます開花され、特待生に選ばれるまでに!

それからは本格的にダンスの道に進むことを決意して大学を中退しますが、なんと、そのわずか数年でプロデビューに至るのです。

関口メンディーは、父親譲りのワイルドで強靭な身体と均整のとれた肉体美が魅力の一つで、漫画「スラムダンク」に登場する

「ゴリ」

に似ていると話題を呼んだことも!

しかし実際の彼は色白で、ある番組に出演した際には、

「黒人に憧れているので、日サロに通って肌を黒くしている。」

と言って出演者を笑わせる場面があったようです。

また高校時代には友人とお笑いコンビを組んでいたこともあるらしく、見た目からは想像できない、お茶目で親しみやすいキャラクターが、人気の要因の一つかもしれませんね。

スポンサーリンク

関口メンディーの遅刻とは?

とんとん拍子にスターの座に上りつめ、順風満帆な人生を歩んできたかに見える彼にも、どうやら意外な黒歴史があるらしいのです。

彼は、デビューして間もなく、遅刻を繰り返したことから、事務所側から謹慎処分が下り、「夢者修行〜第二章〜」というイベントに参加できなくなってしまいました。

さらに

4回連続での遅刻

ということもあり、それを知った事務所側は彼を解雇することも考えたのだとか。

どんな人でも多少なりの短所や欠点はありますし、遅刻が理由でそこまで処分するのはひどいと感じる方もいるかもしれません。

しかし彼がデビューしたての新人だったということもあり、芸能界という厳しい世界において時間を守るということは、やはり最低限のルールだったのでしょう。

スポンサーリンク

関口メンディー解雇騒動??

度重なる遅刻が引き金となって下された謹慎処分で、デビュー後まもなく姿を消してしまったことから、

「関口メンディーは、

すでに解雇されて

しまったのでは?」

という巷説があったことも。

しかし彼はその活動休止中に、ボランティア活動として街の清掃をしたり、ダンスの他にもできることを増やそうとラップに挑戦したりしながら、猛省する日々を送っていたそうです。

このように改心しようとする姿を見た事務所側は、彼をサポートメンバーとして復帰させることに。

それからの活躍ぶりは言うまでもありません。彼は復帰後まもなくEXILEに加入し、その他にもヒップホップユニットHONEST BOYZ®の結成やバラエティー番組出演、俳優としての活動など、あらゆる場面で才能をいかんなく発揮するスーパースターになりました。

遅刻常習犯だった過去も、彼にとっては教訓となり、成長の糧となったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関口メンディーの身体能力が凄い!

https://www.youtube.com/

ダンスを始めて、わずか数年でプロになるほど抜群の身体能力を持つ関口メンディー。

そのレベルは芸能界でもトップクラスであり、TBS系で放映されていた筋肉自慢が集まる祭典「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」では、

2度の準優勝

3度の優勝

を果たしています。

特に、鎖でつながれた鋼鉄の錨(いかり)をどれだけ早く引き上げるか競い争う、ハードアンカーという種目では、持ち前の腕力と握力でライバルと大きな差をつけ、11秒37という驚異的な記録を更新しました。

その他にもプロ野球の始球式で133キロというプロ顔負けの記録を出したことも!

アフリカ系の血を引く、ずば抜けた運動神経を持つことはもちろんのことですが、陰では人一倍トレーニングや筋トレに励む努力家であることもうかがえます。

このように若さみなぎるエネルギッシュな活動が印象的な彼ですが、気が付けばもうアラサーと呼ばれる年齢に。

芸能界で華々しくデビューし、貴重な経験を積んで大人になった彼が、今後どのような活躍を見せるのかが気になるところですね。

数年前の、あるイベントに出演をした際には、海外出身でありながら英語を話せないというキャラを売りにしてきたけれど、これからは更なる成長のために勉強中であると公言しています。

もしかしたら海外進出を視野に入れた活動を考えているのかもしれませんね。

身体を鍛えるだけでなく、語学力を磨いて、さらに進化し続ける関口メンディー。

多様性がうたわれるようになった今の時代に、さまざまな顔を持ち合わせながら邁進する彼から、ますます目が離せません!

スポンサーリンク

関口メンディーのまとめ

今回は、遅刻で解雇されかけるも、そこから猛省し立ち直った男、関口メンディーの紹介でした。

30歳も過ぎ、LDHの中堅所にもなった関口メンディーの今後どのように活躍していくのかが楽しみですね。

英語も勉強中であることや年齢を考えると近いうちに日本の枠を超えて行くのではないでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする