《若い頃から男前》井上順のは病気で現在の活動が減っている??

今回は井上順のご紹介!

若い頃からスパイダースのメンバーとして活躍し現在も現役で活動しています。

ただ、病気により仕事が減少しているとの話もあり、そのことについて調べてみました。

他にも若い頃や現在の活動についてもお伝えします。

まずはプロフィールから

スポンサーリンク

井上順プロフィール

名前: 井上 順(いのうえ じゅん)
誕生日: 1947年2月21日
血液型: AB型
出身地: 東京都渋谷区
職業: タレント歌手俳優コメディアン
身長 170CM
事務所 オー・エンタープライズ
Aくん
Aくん
井上順の略歴

1961年:井上が13歳の頃、峰岸徹大原麗子田辺靖雄ジェリー藤尾らがいた「六本木野獣会」に加入します。

六本木野獣会とは?

六本木野獣会(ろっぽんぎ やじゅうかい)とは、すぎやまこういち田辺靖雄を中心に構成されていたティーンエイジャーの遊び人グループです。

すぎやまこういちといえば、あのドラゴンクエストの音楽を作った方ですね。

メンバーの峰岸は井上がデビューする前から弟のように可愛がっていたそうです。

井上は六本木野獣会に加入後、メンバーとバンド活動を始めたことでデビューへの足掛かりを掴みます。

バンド活動として、銀座や新宿のアシベ、上野のテネシーや池袋のドラムなどで活動をしていました。

そのときに田邊昭知(現・田辺エージェンシー社長)に声をかけられたそうです。

それが『新しい形のスパイダーズを作りたい』というものでした。

これは井上が高校生の時(16歳)の1963年のことです、

当時グループ・サウンズが流行る前であったことや、活動年齢で井上が最年少だったこともあり一躍有名になります。

グループ・サウンズとは?

グループ・サウンズ(またはグループ・サウンド

エレキギターやエレキベースなどを中心に数人で編成される、演奏および歌唱を行うグループのことです。

欧米で人気のあったベンチャーズビートルズローリング・ストーンズなどのロック・グループの影響を受たことがきっかけで、日本では1967年(昭和42年)から1969年(昭和44年)にかけて日本で大流行しました。

井上と共に参加していたメンバーとして有名なのは『堺正章』です。

井上と堺のツインボーカルでした。

グループ・サウンズで活動の中で井上はコンサートでのMCを担当したことでトーク力が磨かれその後に生かされることになります。

スポンサーリンク

井上順の若い頃

出典:https://www.youtube.com/

Aくん
Aくん
井上順の若い頃の活動

若い頃からスパイダースの最年少として活躍していた井上ですが。

スパイダースは1970年、井上が23歳の頃に解散します。

23歳といえば、大学卒業の歳なのでまだまだ若いですね。

この時すでに井上は芸歴7年でキャリアは充分であったこともあり

23歳から井上は個人で活動していくことになりました。

またスパイダース解散後に井上順→井上順之【いのうえじゅんじ】に改名したそうです。

ただ約3年後に

痔を患う

結果『じ』は良くないとのことで元の井上順に戻しました。

解散翌年の1971年(昭和46)年には『昨日・今日・明日』でソロ歌手としてデビューします。

デビューの表紙は井上順之の表記になっていますね。

その後、本業は歌手として俳優、司会もこなしていきます。

Aくん
Aくん
井上順は結婚していた?

井上順は1969年に結婚しています。

井上順が22歳の時なのでかなり若くして結婚しています。

当時では珍しいハーフで資生堂のモデルをしていた『青木エミ』と結婚しました。

元々は友達であったようでそこから交際に発展したようです。

ただ、結婚生活は長くは続きませんでした。

事実、1982年に離婚しています。

離婚の理由は、井上が多忙であったため帰宅はいつも深夜でした。

青木エミの両親は離婚していたこともあり、父性愛を求めていたこともあり、井上はこれに答えることは出来ませんでした。

青木は段々と寂しさを感じるようになり耐えきれなくなった末の離婚でした。

スポンサーリンク

井上順は病気のために仕事が減った?

Aくん
Aくん
井上順の病気は?

50歳頃から井上は他人の声が小さく聞こえると違和感を感じていたそうです。

当初は自覚症状がなかったため気づいておらず、他人から『耳が遠くなったんじゃない?』

と言われることがあったことで耳鼻科を受診したそうです。

その時に下された診断が

『感音性難聴』

感音性難聴とは

感音性難聴は、内耳やそれより奥の中枢の神経系に障害がある場合に起こる難聴です。

感音性難聴の特徴は高音域の音が聞こえにくくなったり、複数の音を一度に聞いた時に特定の音を聞き分けたりすることが難しくなります。

感音難聴は突発性難聴や老人性難聴や騒音性難聴、メニエール病などの内耳の病気や聴神経腫瘍などの中枢の病気でみられます。


感音性難聴は治療によっての回復が難しく、補聴器を使っても聴力を補う事は難しいといわれています。

出典:いぶき耳鼻咽喉科ホームページ

原因は年齢的なものもあったようですが、若い頃から耳を酷使した結果が大きかったようです。

現在は補聴器をつけて仕事をしているようですが、補聴器をつけてもしんどい事から仕事量はセーブしているようです。

音楽をされている方で難聴になる方はやはり多いですね。

突発性難聴だと

堂本剛(kinki kids)

山口一郎(サカナクション)

宮本 浩次(エレファントカシマシ)

浜崎 あゆみ

スガシカオ

坂本 龍一

萩原聖人

大友康平

小室 哲哉

などの有名人が患っています。

ただ、突発性難聴の原因は詳しくは解明されておらず、気づいてから

48時間〜2週間の間であれば治療も可能だそうです。

スポンサーリンク

井上順の現在

Aくん
Aくん
現在、井上はどうしてる?

最近の仕事だと

テレビドラマ

エール(2020年) – 木下一 役

おかえりモネ(2021年) – 安西和将 役

ぐらいです、やはり難聴ゆえに多くの仕事をこなすのはかなり大変なようです。

ただ、恋人とのデートが2021年の5月に発覚しました。

写真の女性ですが、30歳年下の元報道キャスターの方だそうです。

出会いは友人の紹介から交際に発展したようです。

井上順は難聴のため右耳が聞こえないこともあり、こちらの女性が家事全般をサポートしているとのことでした。

また、井上といえば2020年より始めたツイッター


冒頭は必ず『グッモー』から始ます。

このツイッターも恋人がサポートしているみたいです。

写真のように歳を重ねてもかっこいいですね。

今は独身で歳をとってもかっこいいことを考えると恋人がいても何ら不思議ではありませんね。

スポンサーリンク

井上順のまとめ

今回は16歳の若さでスパイダースとして芸能界デビューをした井上順の紹介でした。

現在74歳になり芸歴も58年の大ベテランは難聴により仕事は減少していますが、それ以外には大きな病気はされておらず元気なようです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今後も皆様に役立つ情報を一つでも多く発信できるように頑張ります!

では、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする