ボブディランの現在と日本の関係は?虐待事件の56年前は!?

今回は、ボブディランの虐待事件の真相と今までの日本との関係について調べてみました。

ボブディランと言う名前は誰でも聞いた事があるぐらい有名な方ですよね?

そして56年前にいったい何があったのか!?

そして、56年たった今、なぜその告発がおきたのか!?

その謎にせまります!!

ボブディランのプロフィール

名前: ボブ・ディランBob Dylan、出生名:ロバート・アレン・ジマーマンRobert Allen Zimmerman
誕生日: 1941年5月24日
出身地: ミネソタ州ダルース
職業: アーティスト

出生名は、ロバート・アレン・ジマーマンです。

また、ボブ・ディランは、アーティスト名ではなく、改名しています。

ディランの由来はディラン・トマス

ボブはロバートの愛称で、ボブディランと改名しています。

アメリカのニックネームのつけかたが、謎ですよね、ボブ=ロバートってなんで?っておもいませんか?

因みにボブになる由来を調べたところ

ロバートが短く言うと、『ロブ』になり『』の発音が『』に似ているため『ボブ』になり、最終『ボビー』になるようです。

まぁなるほど、日本でも、名前と関係なくなったあだ名とかありますからね、、、

また、ボブディランは多くの有名アーティストにも影響を与えています。

そのひとりがあの有名なジミ・ヘンドリックスはボブディランに心酔したそうです。

そして、ジョン・レノン

ボブディランは、元々ユダヤ人、ユダヤ教徒として出生します。

1970年代後半にキリスト教福音派に改宗したことで、その後のコンサートでは激しいブーイングを浴びることになります。

その時のボブディランはジョン・レノンから、ディランのキリスト教を勧める歌詞に反発し、反対の意味のアンサー・ソングを書いている。

あの、ジョン・レノンが反発して曲を書くって凄いですよね。

また、アーティストが、作品によって表現しあうって、あまり日本にはないですね。

スポンサーリンク

ボブディランの虐待事件と56年前の真相

原告の女性(68)は2021年8月13日に提出した訴状しています。

内容は当時12歳だった原告女性が、ボブディランと親しくなり、1965年4月~5月にかけて6週間のあいだ、複数回にわたり性的に虐待されたと訴えています。

また、女性は身体的虐待も受けたと訴えています。

虐待が行われた場所

ニューヨークの有名なチェルシーホテルでボブディランが所有していた部屋で行われたという。

原告側の主張

原告側の弁護士は、ディランさんが女性と親しくなったのは、警戒心を緩めさせて性的に虐待する目的だったと主張。性的虐待に加えて薬物やアルコールを与えて身体的暴行の脅しをかけ、今に至るまで女性に心の傷や精神的ダメージを残したと訴えている。 弁護士はさらに、ディランさんが有名ミュージシャンとしての地位を利用して女性を信頼させ、支配するようになったと述べ、ニューヨーク市のホテル・チェルシーにある自室で女性を性的に虐待したと主張した。 CNNの取材に対して弁護士は、女性がディランさんと知り合った経緯などは明らかにせず、「多大な調査と徹底検証を経て提訴した。女性がホテル・チェルシーで彼と一緒にいたことは間違いない」と話している。 現在コネティカット州グリニッチに住む女性は訴状の中で、今も続く「深刻で重い心の痛みや苦しみ、嫌悪感や屈辱感、経済的損失」を被ったと主張している。

引用元:Yahooニュースより

これに対して、ボブディラン側は

 ボブディラン広報担当者

「56年前の出来事に関する主張は事実無根であり、徹底的に反論していく」

と述べています。

現在、原告の女性は、ボブディランから

「深刻な心理的損害と感情的トラウマ」を与えられた

と、損害賠償を求めています。

原告女性はニューヨーク州の児童被害者法に基づく申し立てが締め切られる前日に訴えを起こした。

同法では、提訴時の年齢や出訴期限にかかわらず、虐待の被害者が加害者とされる人物を訴えることが認められています。

これはかなり闇が深いですね。

しかも、56年前なので、証言や証拠がどのように認められるかもわからないです。

ただ、火のないところに煙をたたないともいいます。

原告女性も、申し立てが締め切られる直前に話したことや、場所も明確になっていること、行為が行われた日もかなり正確なことを考えるとかなり、アウトに近い気はしますね。

スポンサーリンク

ボブディランと日本の関係

ボブディランの影響を受けたアーティストの1人として吉田拓郎さんがあげられます。

もともと、初めは日本でボブディランのレコードは売れていなかったそうです。

吉田拓郎さんが、1970年代にラジオで、ボブディランを熱く語ったことで、ボブディランの人気に火がついたとも言われています。

このことで、ボブディランのレコードが5倍以上売れたことや、

1973年に吉田拓郎の選曲でソニーからボブ・ディランのベスト盤『BOB DYLAN; Gift Pack Series10』が発売されています。

みうらじゅんや浦沢直樹は、吉田拓郎を通してボブ・ディランを知ったと言われています。

また、桑田圭佑さんもボブディランの影響を受けた、アーティストの1人です。

スポンサーリンク

ボブディランの日本での活動

ボブディランは日本でもライブをおこなっています。

1978~2018年の間に9度来日しています。

ただ、親日家かどうかの情報はありませんでした。

ただ、現在80歳を超えられているのでもしかしたら、前回の2018年が最後のツアーになってしまうかもしれないですね。

ボブディランのまとめ

今回は、伝説のアーティスト、ボブディランの紹介でした。

56年前の真相は、これから解明されていくこととなりそうです。

また、進展があれば、更新していきます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今後も皆様に役立つ情報を一つでも多く発信できるように頑張ります!

では、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする