死因は?武満徹が残した名曲と代表作、そして坂本龍一との意外な関係とは?

今回は、戦後の日本を代表する武満徹のご紹介

武満徹の死因は何だったのか?

激動とも言える、戦後の日本を生き抜いた、武満徹の残した名曲とは?

そして、武満徹坂本龍一との意外な関係性もお伝えいたします。

武満徹のプロフィール

名前: 武満徹(たけみつとおる)
誕生日: 1930年〈昭和5年〉10月8日

– 1996年〈平成8年〉2月20日

出身地: 満洲(大連)東京本郷区(生後1ヶ月)
職業: 日本の作曲家、音楽プロデューサー

武満徹の生い立ち

武満徹は、東京都の本郷区(現在の文京区)で生まれ、生後1ヶ月で父親の職場のある満州に移る

その後、1937年に小学校に入学するために、単身帰国後、叔父の家で暮らす事となる。

その後、従兄弟からレコードで聴かされたベートーヴェンやメンデルスゾーンなどのクラシック音楽には興味を示さなかった。

1943年、旧制の私立京華中学校に入学。

軍事教練で教官であった、手塚金之助少尉からしごき(体罰?)を受け、野外演習の入浴中に「あの金坊の野郎、ただじゃおかねえからな!!」と叫んだ時に真ん前に手塚がいたため「この野郎!!」と殴らた。。。。

在学中の1945年、軍の宿舎において、武満徹の同室の下士官が隠れて聞いていた【リュシエンヌ・ボワイエ】が歌うシャンソン『聴かせてよ、愛のことばを』を耳にして衝撃を受ける。

(このきっかけが、武満徹を音楽が世界へ進むきっかけとなる)

ここでまだまだ、血気盛んな武満徹は戦争末期に「日本は敗けるそうだ」と語った級友を殴り飛ばすほどの軍国少年であった

終戦後に横浜のアメリカ軍キャンプで働きジャズに接した。やがて音楽家になる決意を固め、清瀬保二に作曲を師事するが、ほとんど独学であった。

その後中学校卒業後、1949年に東京音楽学校(この年の5月から東京芸術大学)を受験するも、たまたま控室で出会った網走から来た熊田という天才少年と意気投合したことで

作曲をするのに学校だの教育だの無関係だろう」との結論になり]

2日目の試験を欠席し、上野の松坂シネマで『二重生活』を観て過ごしたそう。

デビュー以前は、ピアノを買うような資金はなく、本郷から日暮里にかけて街を歩いていてピアノの音が聞こえると、そこへ出向いてピアノを弾かせてもらっていた。

この時、武満徹は1度も断られなかったと言っているが、、、、

ときどき同行した友人によると、最初は確かに貸してくれたが、何度も行くと『もう来ないでください』と断られていたと語っている。。。

スポンサーリンク

武満徹の死因と闘病生活

武満徹は1995年、膀胱、および首のリンパ腺にがんが発見される。

同時に間質性肺炎を患っていた武満徹は数ヶ月に亘る長期の入院生活を送ることになリます。容態が少し改善したことで一時退する。

その時に完成された最後の作品となる『森のなかで』『エア』を作曲。

その後、1996年2月20日、虎の門病院にて死去されます。65歳没。

墓所は、東京都文京区小日向にある曹洞宗日輪寺の境内墓地。

死後、『ミロの彫刻のように』の未完の譜面が仕事場で見つかる(第一曲〈la lune(月)〉第二曲〈le soleil(太陽)〉と二部編成にする予定であったよう。

死ぬその瞬間まで音楽と共に生きた、武満徹は、まさに【世界のタケミツ】であった。

その名が残るものとして

タケミツメモリアル

武満徹は東京オペラシティコンサートホールの基本コンセプトをはじめ、設計段階から深く携わり、芸術監督としてオープニング企画を監修していたが、オープニングを前に他界することになります。武満徹への感謝と敬愛の念をこめ、

コンサートホール名に「タケミツ メモリアル」とつけ加えられました。

それが、タケミツメモリアルの由来です。

因みにMAC BOOKの予測変換に出るほどです。

スポンサーリンク

武満徹の名曲、代表曲

武満徹の名曲、代表作は数えきれないほどあります。

きっと人によっても変わるのではないでしょうか?

  • 弦楽のためのレクイエム:(1957)
  • 黒い絵画 レオノーレ・フィニによせて:林光、入野義朗との共作作品
  • ソリチュード・ソノール:3管編成にギターを加えた大規模なオーケストラのための作品:(1958)
  • 地平線のドーリア:(1966)
  • 「小さな部屋で」(1955年)
  • 「うたうだけ」(1958年)
  • 「明日ハ晴レカナ曇リカナ」
  • 「めぐりあい」(1968年)

スポンサーリンク

武満徹と坂本龍一の関係

これは、一緒に何かをされたとかではなく、、、

坂本龍一さんが若い時に、武満徹の「ノヴェンバー・ステップス」を批判しまくったらしいです。

語弊があるかもしれないので、坂本龍一は武満徹のことは、尊敬していると話しています。

坂本龍一曰く『ジャパネスクを安易に取り入れて、日本人が日本的なモノを……。例えば、芸者の格好をして、アメリカに行ってウケるみたいなことですよ』

要は、武満徹が、「ノヴェンバー・ステップス」で尺八などの日本の楽器を使うことで、日本らしさでウケを取りに行っているようなことが嫌だったみたいです。

因みに当時のことを、坂本龍一は以下のように語っています。

坂本 そのときは。で、そういう態度が「けしからん」と思って、友達と二人で、今はないでしょうけど「ガリ版刷り」というものがありまして、ガリガリ書いてね、手で刷るんですよ。

今のようなプリンターがなかった時代にね。

だから結構苦労するんです。間違えると、

またいちから書き直しなんですけど。

書いて何百枚と刷ってですね、武満さんがやっているコンサート会場にビラ巻きにいって、「けしからん」とね。

しつこく2ヵ所くらい行ったんですよ(笑)

最初は東京文化会館の小ホールにビラを撒きに行ったんです。

でも、コンサート自体は聴いていないんですよ。

入り口でビラを撒いていただけで。

そして、2回目にビラを撒きに行ったのは、野外で開催された秋山邦晴さんの企画によるマルチメディア的なイヴェントでした。

多摩のほうで開催されたような気がするんですけどね。

そのイヴェントではステージに自動車が何台か出てきて、ライトを点けたりクラクションを鳴らしたりするノイジーなパフォーマンスをしていたことを憶えています。

そのときに初めて武満さんと会った。

武満さんはビラを持って向こうからやって来て、〈これを書いたのは君かね〉と言われて立ち話することになったんです。

武満さんはずいぶん長く、親切に話に付き合ってくれた。

面と向かっちゃうとそんなに批判もできないんだけれども、ぼくは緊張しながら言うべきことは言わなきゃならないと自分を奮い立たせて、ビラに書いてあるようなことを話したと思います。

引用:坂本龍一 本人の言葉

ただ、この時世界的な日本のアーティストの初対面だったことは思いもよらなかった出来事だと思います。

坂本龍一の行動力も凄いですね。

この頃は、学生運動も多かった時代なので、きっと若い日本人は血気盛んだったんだと思います。

武満徹まとめ

今回は世界のタケミツの紹介でした。

  • 武満徹は軍国少年だった
  • 武満徹の死因はガンだった
  • 武満徹の名曲や代表曲は数多くある
  • 武満徹と坂本龍一は、坂本龍一の一方的な抗議活動から始まった

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今後も皆様に役立つ情報を一つでも多く発信できるように頑張ります!

では、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする