【経歴+大学】青木柚→俳優としての演技力とは!?『海辺の女の子』

今回は『海辺の女の子』に出演される青木柚さんについて紹介いたします。

青木柚さんといえば、子役から芸能活動をされており、高い演技力と個性的な雰囲気をお持ちの方です。

プロフィール、経歴+大学、今後の活動

そして

現在公開される『海辺の女の子』の情報まで見ていきたいと思います。

プロフィール

誕生日:2001年2月4日

身長:166CM

血液型:不明

出身地:神奈川県

事務所:ユマニテ (過去:劇団ひまわり)

写真で見るように、独特の雰囲気と哀愁を感じる役者ですね。

スポンサーリンク

公開される『海辺の女の子』の情報

2021年8月に公開される『海辺の女の子』に主演として出演されています。

監督は「富美子の足」「リュウグウノツカイ」のウエダアツシさん

青木柚さんが演じる『磯部恵介』と石川瑠華さん演じる『佐藤小梅』の青春恋愛映画です。

ただ、予告編やネットでのあらすじを見たのですが、王道の恋愛映画ではなく、もっと人間臭いディープな映画のようです。

以下あらすじ

海辺の小さな街で暮らす中学生の小梅。彼女は憧れの三崎先輩に振られたショックから、かつて自分のことを好きだと言ってくれた内向的な同級生・磯辺と関係を持ってしまう。初めは興味本位だったが、何度も身体を重ねるうち、磯辺を恋愛対象とは見ていなかった小梅は徐々に磯辺への思いを募らせていく。その一方、小梅が好きだったはずの磯辺は小梅との関係を断ち切ろうとする。2人の気持ちがすれ違う中、、、

引用:『海辺の女の子』あらすじより

読んで頂くとわかるように、少し過激な描写が伺えます。

ただ、人間らしい人間臭い映画のようにも思えるので見る価値は充分あると思います。

youtubeの予告編もありますので、興味のある方は

前回、紹介させて頂いた平井亜門さんも出演されています。

スポンサーリンク

今までの出演作品=経歴

ドラマに初出演は『ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA』で子役として出演しています。

また

映画に初出演は中学生の時に『平成ライダーVS昭和ライダー、仮面ライダースーパー大戦fest.スーパー戦隊

に出演です。

皆さんはライダー世代ですか?

私は、仮面ライダー低迷期世代で仮面ライダー世代ではないのですが、今の20代の男性は仮面ライダー好きな方多いですよね?

今や有名俳優さんの登竜門ぐらいになってますよね。

最新のライダー出演俳優はこちらから↓

2019年4月30日に約9年間所属していた劇団ひまわりを退団しています。

その後、現在の事務所へ2021年1月1日、ユマニテへの正式に所属となっています。

現在の事務所で本格的に活動され始めたのは、今年からのようです。

今年の仕事だけでも

・映画6作品

・ドラマ6作品

に出演されていることから今後ますます忙しくなることが予想されます。

演技力が高いので当然ですね。

スポンサーリンク

性格+大学は?

青木柚さんは、元々人見知りで、芸能活動を始めた時も、現場で誰かと話す事は多くなかったみたいです。

人と話すことのきっかけが、2016年に出演された映画『14の夜』で、同年代の役者の方と共演したことから、急に話せるようになり、スタッフの方々ともコミュニケーションが取れるようになったと明かされています。

結構芸能人の方で人見知りの方は多いですよね。

また、3つ上のお兄さんに仕事の愚痴をこぼした時に、『この仕事をやりたくても出来ない人もいるんだぞ』と諭してくれたとも言われていることから性格は温厚で積極的なタイプではないことが伺えます。

尊敬されている方は菅田将暉さんと北村匠海さんのようです。

同い年は加藤清史郎さん

そんな青木柚さんの大学は?

どうやら大学に進学されているようなのですが、出身高校が日出高校の通信科を卒業されているので、インスタグラムにもこのように進学されたことを公表されています。

恐らく、日本大学芸術学部に進学されたことが高いとネットでは上がっていました。

スポンサーリンク

まとめ

今後の活動とまとめ

  • 直近は8月公開の映画『海辺の女の子
  • 現在の事務所『ユマニテ』に所属したのは今年
  • 今年だけでも相当数の仕事をされている
  • 性格は温厚で優しい

今後、確実に今後もっと有名なメディアにも登場される、青木柚さんの紹介でした。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今後も皆様に役立つ情報を一つでも多く発信できるように頑張ります!

では、また次の記事でお会いしましょう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする