【本名なの?】平井亜門は四日市出身だけど関西弁?主演『シチュエーションラブ』

今回は『シチュエーションラブ』の主演の平井亜門さんについて紹介いたします。

プロフィール、本名、経歴、今後の活動、交友関係、関西弁なの?

そして

現在公開される『シチュエーションラブ』の役まで見ていきたいと思います

スポンサーリンク

プロフィール

名前:平井 亜門(本名)

誕生日:1995年9月28日

身長:175cm

血液型:O型

出身地:三重県四日市

趣味:特技 映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ギター、バトミントン、危険物(乙4類)

所属:SONY MUSIC

まず、平井亜門さんは本名でした。
ネットの情報で本名という情報がありました。

亜門ってカッコいいですよね!!

ただどうしても亜門と聞くとこのかたを想像してしましますが。

気になるのが、特技の危険物取扱乙種、、、

工業系か理系の学校に行かれていたのかもしれませんね、確か危険物取扱を所持していたらガゾリンスタンドの時給が上がったはず(違ったらすみません)

趣味に、映画鑑賞、音楽鑑賞、ギターと書かれているように、SONY所属にも納得できます。

スポンサーリンク

主演『シチュエーションラブ』の情報

笑顔が素晴らしい!!

シチュエーションラブについては、前回紹介したイトウハルヒさんの紹介でも、予告編のyoutubeとあらすじを紹介させて頂いております。

監督の櫻井亜美さんのコメントとして「胸キュンなラブシーンで想いを告白しあう河川敷の場面では、本物か演技か私にさえわからない2人の微笑ましい『照れ』が炸裂し、よりリアルさが増している。現場でもガン見してはいけない気がしてドキドキした」

引用:映画ナタリー櫻井亜美氏コメント

とコメントされているように、本物か演技かわからないぐらいの迫真の演技のようです。

胸がときめくシーンがありそうですね。

前回のイトウハルヒさんの紹介に関して、平井亜門さんの出身地がわからなかったと記載したのですが。

すみません、しっかり記載がありました。

平井亜門さんは、『三重県出身です

検索甘くてごめんなさい。。。

通りで、ドラマの役で使う関西弁に違和感がなかったわけです。

個人的にスッキリしましたが、、、、

三重県は関西ではないんですよね。話逸れてしまうのですが、せっかくなので。

三重県はどこ所属なのか?近畿?中部?東海?

  • 気象的には近畿エリア、でも基本中部に属していて、東海にも含まれたりもする

ざっくり伝えるとそんなところらしいです。三重県の住んでいる地域によっても感覚が違うらしく、非常に複雑な状態の地域らしいです。

三重の方は、名古屋に行くか大阪に行くか分かれます。私の同級生も三重から大阪の美容学校に通っていました。(確か、終電が10時頃だったような、、、

スポンサーリンク

今までの経歴

2015年ごろから、映画10本、ドラマ5本、舞台10本、CM11本、MV13本とかなりの数をこなされています。

6年間の仕事をこれだけこなすってかなり凄いと思います。

役を頻繁に変えれるということは、それだけ多様性に富んだ演技が出来るのでしょう。

1995年生まれなので、現在25、26歳でこれだけ仕事が出来るのは本当に素晴らしいと思います。

2017年にsmartモデルオーディション2017でグランプリを受賞されていることから、ここから一気に才能が開花されたのだと思います。

スポンサーリンク

恋人は?友人は 

 

ここまで忙しくされている方なので、恋愛をする時間があるかどうかのレベルだと思います。ただ、イケメンなので彼女がいてもおかしくはないですが、、、

ネットを組まなく探したのですが、残念ながら、平井亜門さんの交際関係は見つかりませんでした。

また過去のインタビューでは、以下のように語られています。

「僕は察する能力が低いので、喜怒哀楽が分かりやすい、感情が漏れちゃうくらいの女性の方が合うのかな。女性って、辛くても我慢しちゃったり、気を遣って言えなかったりすることが多いですよね。何でも言ってくれた方がいいんですけど、『言って』って言われても言えないのが女心だと思うので、難しいんですよね」

引用:平井亜門インタビューより

インタビューから読み解くと、どことなく不器用で男らしい性格が伺えますね。

女性の細かな変化に気づける男性は少ないと思いますが、言って欲しいと思えるという事は、それだけ懐が深い方というのが伺えますね。

イケメンで性格もいいって完璧です。

まとめ

今後の活動

続いて8月下旬公開の海辺の女の子に出演されます。

こちらは主演ではないようですが、逆にどのような役柄で映画を引き立てるのかがとのしみです。

また現在、魔剣伝説のCMにも出演されています。

詳しくは、平井亜門さん公式Twitterより

まだまだ今後の活躍が見逃せない、平井亜門さんを今回は紹介させていただきました。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今後も皆様に役立つ情報を一つでも多く発信できるように頑張ります!

では、また次の記事でお会いしましょう。

 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする